· 

良い製品を作るために

失敗や間違いは、誰にでも起こります。

それでも、良い製品を作るには失敗や間違いを無くしていくことが大事です。

 

そのために、作業をする前に前始末書、異常の定義を洗い出し、確認しすることが大切です。