· 

三価クロメートで環境保護 特寸ワッシャーを製作しました。

こんにちは! 石川県白山市の機械加工と板金加工マキナーズ(MachinaZ)の宮下です。 

 

本日は、お客様からRoHS対応品に変更したいので

 

三価クロメートの特寸ワッシャーの製作依頼がありました。

 

RoHSとは?

RoHS(ローズ)は、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令である。2003年2月13日にWEEE指令と共に公布され、2006年7月1日に施行された。2011年7月1日には改正指令が公布され、同年7月21日に発効。

 

三価クロメートと六価クロメートの違いとは?

『六価クロム』は耐食、防食性に優れた性質を持ち、金属製品の防錆用表面処理として建築金物、ビス等で幅広く使われています。

しかし、強い酸化作用があり、環境破壊・皮膚や粘膜に付着すると皮膚炎や腫瘍、ガンの原因になる物質ともいわれています。

 

また、大量に存在すると水に溶けやすい性質があるため地下水に溶け込んだりすることで、自然環境の悪化もまねく弊害があり、人体と環境への影響があると危惧されています。

 

 

三価クロムめっきは六価クロムめっきに対して、作業性、安全性、環境問題に関して優位性があるものの、コスト面には短所があります。

 

これからも、マキナーズは環境にやさしい『三価クロム』への移行を意識し、環境への提案・取り組みを行っております。